ORIGINAL INTENTION

「それはメッセンジャー会社のガレージから始まった。」

2000年代初頭、やがてそこにそびえ立つ六本木ヒルズを見上げる事になる閑静な住宅街。
その一角に居を構えるメッセンジャー会社サイクレックスのガレージでは
年代物の工業用ミシンを踏む音が鳴り響いていた。

当時、まだ本格的なメッセンジャー業務に使えるバッグは国内では販売しておらず個人輸入するしかなかった。
やっとの思いで入手したバッグも業務で酷使すれば、あっという間にボロボロになってしまう。
修理を繰り返す内にカスタムを加え、やがてオリジナルのバッグへの試行錯誤が始まった。

世界の各都市にはメッセンジャーが居て、その都市を代表するメッセンジャーバッグブランドがある。
東京には多くのメッセンジャーが存在するのに東京発のメッセンジャーバッグブランドは存在しなかった。
「無いなら自分で作るしかない。」そこからRESISTANTは始まった。

"It all started in the garage of a bicycle messenger company."

On a corner in a quiet residential district with a view of Roppongi Hills while it rose gradually under construction during the early years of the 21st century,
The sounds of an old sewing machine could be heard coming from the garage of the bicycle messenger service Cyclex.

At that time, authentic messenger bags were not yet on sale in Japan. Messengers had to import them from overseas themselves.
Even after those bags finally arrived, they would wear out soon due to the daily stress of use by messengers on the job.
Messengers would repair their bags repeatedly, adding customizations along the way,
gradually developing their own original bags through trial and error.

There are messengers in cities around the world. Many cities have their own leading brands of messenger bags.
While Tokyo was home to a large number of messengers, there was no messenger bag brand that originated in the city.
RESISTANT began with the vision of filling this gap by creating a new brand ourselves.

HISTORY

2005 DEBUT OF THE BRAND NAME “RESISTANT”
メッセンジャーイベント「KyotoLOCO」の展示ブースにてRESISTANTとしてプロトタイプを展示
日本発のブランドであるという意思表示として本物の畳みの縁をデザイアクセントに用いるなどそれまでのメッセンジャーバッグとは一線を画す斬新さを纏いデビューする。 Exhibited a prototype in a boot at the messenger event KyotoLOCO Took steps such as use of borders with traditional Japanese tatami patterns to stress the fact that this is the industry’s first brand from Japan This debut differentiated RESISTANT from the messenger bags already on the market
2006 BEGAN ACCEPTING CUSTOM ORDERS
国内初の本格的メッセンジャーバッグのカスタムオーダーサービスを開始 Began accepting custom orders for Japan’s first authentic messenger bags
2008 DEBUT OF “BAC PAC”
国内初のバックパックタイプメッセンジャーバッグのカスタムオーダーを開始 Began accepting custom orders for Japan’s first backpack-style messenger bags
2011 DEBUT OF “HOPE” & “BOND”
東日本大震災直後に「HOPE」と「BOND」を発表 Announced the “HOPE” and “BOND” models soon after the Great East Japan Earthquake
2015 DEBUT OF 10TH ANNIVERSARY MODEL “SPEARHEAD”
それまでのノウハウを余す事無く注ぎ込み、メッセンジャーバッグの再定義に挑む新シリーズ「THE NEW STANDARD」の展開を開始 Began introducing THE NEW STANDARD series, an attempt to redefine the messenger bag while building on all the expertise we’ve amassed through now

PHILOSOPHY

それを手にした時、未開の領域に踏み入りたくなるような興奮を覚え、
永く時を共にする事で信頼出来る相棒となり得る装備を創造する。 Creating equipment that will be your trusted partner for years to come,
And that will inspire you to explore new worlds the moment you first take it in your hand.

SPECIALITY

WARRANTY
修理可能な限り修理致します。We will repair our bags for as long as possible.
CUSTOM ORDERS
多様な素材とサイズ、豊富なオプションからカスタムが可能We are glad to accept custom orders using our diverse materials and sizes and our wide range of options.
FIELD TESTING
過酷な環境下においてフィールドテストを実施し、
そのフィードバックから製品化We field test all our prototypes under rough conditions
and put feedback from this testing to use in finishing up the final products.

DESIGN&DIRECTION

SHINICHI KIMURA

CRAFTED WITH PRIDE IN JAPAN

Instagram インスタグラム

インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
インスタグラム画像
next
prev